大津市の美味しいおすすめパン屋さんまとめ

この記事では、大津エリアのパン屋さんの中から、実際に行って、食べてみて、美味しい!!と感じたパン屋さんを紹介しています。

筆者イチオシ!パンにこだわりを感じる「ネ本屋:ねもとや」

大津市で行くなら一番お勧めしたいパン屋さんがこちらの「ネ本屋さん」です。一軒家を改装したような入り口。パン屋さんとしては珍しいのれんがかかっています。

中の写真は撮影していませんが、靴を脱いでパンを選ぶスタイルです。このお店では、特に食パンが美味しい!3種類ありますが、「白」の美味しさは甘みとしっとり感があってたまりません。他にもクリームパンや、ブリオッシュ、明太子パン、カレーパンなどたくさんの種類があります。持ち帰りの時にはパンに合わせて袋を変えるほどのこだわり。

またパンだけでなく、麺も提供しています。夏は冷麺と暖かい麺の両方を出しています。麺にコシがありとても美味しいですね。さらに自家製のカクテキで味変すると、後半で全く違う味を楽しめますよ。

 

アットホームなパン屋さんよりみちぱん(JR膳所駅)

かわいらしいロゴが印象的なアットホームな雰囲気のお店です。しっかり味の焼きそば入りのパンふわふわ生地でした。スタンプカードも寄り道風のオリジナルイラストで集めるのが楽しくなりますね。JR膳所駅から徒歩5分。脇道に入ったところにあります。

 

有名和菓子店のパン屋さん叶匠寿庵:野座(のざ)

強いて言えば最寄り駅は「石山寺」になりますが、車でないとほぼ行けない「寿長生(すない)の郷」。和菓子で有名な叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)のお店があるところになります。「あも」が有名ですね。

叶匠寿庵の餡(あん)を生かして作られるアンパンを主に打ち出しているパン屋さんが、「野座」。同じ敷地内にあります。上品な和菓子屋さんらしく、餡がとても美味しい「餡パン」です。和菓子屋さんの中にあるパン屋さん、ということで、餡パンだけかと思いきや、カレーパンや塩パンなど、たくさんの種類が売られていて、バリエーションが豊かです。

寿長生の郷は、敷地内で食べれるところがたくさんあるので、すぐに食べるのもよし、家に持ち帰るのもよしです。2階にはカフェを併設しているので、そちらで楽しんでみてもいいかもしれません。叶匠寿庵の寿長生の郷は、車でないと絶対行けません。車が無い人は、レンタカーで行くか、もしくは観光バスがあるのでそちらで行くようにしてください。

 

湖畔を見ながらパンを楽しめるラ・サンテ(最寄り:JR小野駅)

琵琶湖の湖畔にあるパン屋さんがラ・サンテです。堅田駅よりもさらに高島の方へ、161号線沿いで向かうと、右側にお店が見えます。このパン屋さんは、大きめのイートインスペースだけでなく、湖畔に続く芝で遊ぶことができます(ただしペット不可)。

今回買ったパンは、順にカレーパン、チョコパン、塩パン、そして珍しいエビプライパン。うちの子供はエビフライパンが大好物です。今回、僕はカレーパンを食べましたが、ちょっと辛めの味付けでグッド。揚げパンではないので、脂っこくなく朝からでも食べやすい味でした。駐車場が広く止めやすいので、車のお出かけのついでに購入してみてもいいかもしれませんね。

 

薪窯焼きのパン屋 「るうた」(JR志賀駅)

湖西線志賀駅降りてすぐにある新窯焼きのパン屋さん。天然酵母にこだわっており、イチゴ酵母だったり、リンゴ酵母だったり、酵母が変わるので、同じパンでも行く時々で味わいが少しずつ違ってくるのも魅力です。

今回は、レモン味のパン、クロワッサン、ちくわのパン(カレー味)、チーズ味のパンをいただきました。小さな机2つとカウンター、テラスに1つのイートインスペースも用意されていました。今回は買えませんでしたが、お店の看板商品「まるぅた」は丸太型の食パンで見た目のインパクトもありおススメです。

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)