イズミヤを使うならヒナタス(litta)は必要?メリット、デメリット、お得な使い方を解説

イズミヤには、会員制のポイントカードとして「ヒナタス」というカードがあります。このカードはプリペイドとして電子マネーサービスのlitta(リッタ)が付いていて、便利

でもこのカード本当に必要? そんなヒナタスについて、メリット・デメリット、そしてお得で、おすすめな使い方を解説していきたいと思います。

ヒナタスのメリットは200円で2ポイント貯められる還元率の高さ

会員カードやクレジットカードで、お得かどうかの基準になるのは、還元率が1%を超えているかどうか。ヒナタスの場合は、200円につき2ポイント貯まるので、一般的に見てお得なカードです。

注意してほしいポイントは、200円につき会員カードとして1ポイント貯まり、電子マネーlitta(リッタ)での支払いで1ポイント貯まり、合わせて200円につき2ポイントとなっています。

つまり、現金払いでは還元率が0.5%になることを注意しておかなくてはなりません。

 

電子マネーlittaって何?

ヒナタスに搭載されている電子マネーlittaは、「エイチ・ツー・オーリテイリンググループ」という、阪急グループの子会社が運営しているサービスです。

 

交通系電子マネーのicoca(イコカ)に近いと思ってもらえれば良いかと思います。使えるのは、イズミヤと阪急グループになるので、限定的ですね。

 

ヒナタスの申し込みはレジかサービスカウンター

一番簡単な申し込み方法は、イズミヤに行って、申し込み用のカードでレジ、もしくはサービスカウンターに行くことです。個人情報の記入欄があるので、レジよりも、サービスカウンターの方が焦らないでよいでしょう。

こちらが申し込み用のカードです。レジやサービスカウンター付近に置いてあります。

 

申し込み手数料は200円だがキャッシュバック有

ヒナタスの申し込みに対して200円の手数料がかかりますが、200円分のキャッシュバックの金券が貰えました(1000円のお買い物で使える200円券)。実質無料いう形ですね。

 

僕が申し込んだときは、何もなかったのですが、別日で洗剤配っていました、貰っとけばよかった。

 

他の特典ポイントはあるの?

ヒナタスにはlitta(リッタ)のチャージサービスがあります。この初回チャージで200円(2017年12月31日まで)。

5の付く日に、1万円分のチャージをすれば、100円のポイント(還元率1%)となり、お得です(litta払いなら2%のポイントなので、実質還元率約3%)。

どちらも当日付与ではなく、後日付与であることだけ、気を付けておいてください。

 

ヒナタスのデメリットはイズミヤ・阪急以外では使えないこと

還元率1%を超えるカードということもあり、一般的に見ればお得なカードのヒナタス。でもその弱点は、電子マネーのlittaがイズミヤ、阪急以外では使えないことにあります。

僕が住んでいる滋賀県に限って言えば、イズミヤは堅田に、阪急は草津にしかありませんから、使用範囲は決して広くはありません。

そのため、ヒナタス(電子マネーlitta)はイズミヤ、もしくは阪急に訪れる時の専門カードになってしまうのです。

 

デメリットを踏まえた使いこなし

クレジットカード「ソレーナstacia」を使う

一つの方法は、イズミヤが発行しているクレジットカードの「ソレーナstacia(スタシア)」を使うことです。これを使うことによって、200円につき1ポイントだけでなく、毎月第二土曜日は、5%OFFになります。

VISAやJCBの加盟店であればどの店舗でも決済できますし、ポイントを貯めることができます。

ただ、一般加盟店での利用の場合は還元率が0.5%(200円で1ポイント)しかないので、ちょっと損です。

 

還元率の高いクレジットカードを組み合わせる

確かに電子マネーが使えないことはデメリットです。しかし、裏を返せば電子マネーを使わなければ、通常のポイントは手に入ります。

一番良い方法は、現金払い部分を他のクレジットカードで支払ってしまうことです。ここで還元率が高いカードを組み合わせることによって、より還元率を高くして利用できます。

 

通販サービス大手「楽天市場」の楽天カード併用

還元率の高いおすすめのカードはいくつかありますが、一番のおすすめは、楽天カードです。楽天カードマンのCMで知られている通り、知名度が高く、しかも還元率1%のカード。

つまり、200円につき1ポイントをヒナタスで貯めて、200円を別に支払う分、楽天スーパーポイントとして2ポイント貯めることが可能(合計で還元率1.5%)になります。

 

もっと還元率の高い「リクルートカード」

年会費無料カードでありながら、1.2%のポイントが貯まるリクルートカードはとてもお得なカードです。リクルートって何?と思われるかもしれませんが、「ゼクシィ」、「じゃらん」、「HOTPEPPER」の会社、というとわかって頂けると思います。

ヒナタスを会員カードとして使って1ポイント貯めて、さらに支払いをリクルートカードで払うともっとお得になります(還元率1.7%)。

こちらについては「リクルートカードのメリット・デメリット」として、別の記事でもっと詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。万人受けするカードです。

 

イオンをよく使うならイオンカードもあり

還元率は下がってしまいますが、他のところでお得なシステム盛りだくさんのイオンカードも候補。

僕はイオンカードは滋賀県民にとって最強カードだと思っています。草津のイオンは使う人多いですからね。もちろん、他の滋賀県以外でもお得です。

イオンカードについては、改めて記事にしたいと思います。

 

イズミヤの会員カード「ヒナタス」のまとめ

イズミヤの会員カード「ヒナタス」のメリット、デメリット、そしてデメリットを踏まえた上での使いこなしを紹介しました。

一番良い方法は、5の付く日に1万円チャージして使う方法で、約3%の還元を受けられます

ただ、ヒナタスはお得なカードですが、あくまでもイズミヤ、阪急で使う場合限定。「そこでしか、使わないよ!」という人はそれでもいいですが、他にもいろんなところで使ってお得にしたい人は多いはず(僕もその一人)。

ヒナタスはクレジットカードとの合わせ技でもポイントが貯められるので、うまく使いこなせば、使える店を気にすることなくお得に節約できます。

ぜひ活用して、お得に暮らすようにしてくださいね。

© 2020 SIMPC(シンプシー)