【感想あり】京都市内のコワーキングスペース・SOHO情報まとめ(四条、三条)

このページでは、京都にあるコワーキングスペース・SOHOの中から実際に訪れて利用したところをまとめています。

京都のコワーキングスペースはお洒落なだけでなく、土地柄、外国人がコワーキングスペースに居ることが多いです。

それでは、詳しく紹介していきますね。

このページは筆者が訪れたところのみを取り上げて、仕組み、料金システム、そして所感を合わせて書いています。ここにはないコワーキングスペースもあるので、検索してみて下さい。

oinai karasuma(オイナイカラスマ):四条烏丸駅すぐ

建築の事務所さんが、併設しているコワーキングスペースがこちらのoinai karasuma。カフェのようなお洒落さを持つコワーキングスペースです。

oinai karasumaは、メンバー参加型のイベントを数多く実施していて、フリーランス、イラストレーターなど、異業種での交流が深められるところがポイントです。

また建築事務所が運営しているコワーキングスペースのため、建築関係者も多いですね。

 

会員登録・システムについて

oinai karasumaでは、ドロップインの場合は、時間の記載をされた名札を作ってもらいます。利用した時間に応じて、後払いで料金を払うシステムになっています。

 

oinai kasrasumaの料金システム

料金プランは以下のようになっています。登記も可能です。

プラン ひもねす あさゆう はたあげ
利用時間(平日) 8:30-22:00 8:30-10:30 18:00-22:00 8:30-22:00
利用時間(土日) 10:00-20:00
入会金 5000円
使用料金 10000円/月 7000円/月 15000円/月

※「はたあげ」は登記が可能なプランです。

※ロッカー(2000円/月)、会議室あり

※クレジットカード支払い不可です

 

ドロップイン利用は以下のようになっています。

プラン たちより
利用時間(平日) 8:30-22:00
利用時間(土日) 10:00-20:00
入会金 500円
使用料金 300円/1時間

 

oinai karasumaへの公式サイト、地図、行き方

公式サイト:oinai karasuma

地図:googleマップ

写真付きの行き方を見る
京都の四条駅で降ります。

 

出口は、22番出口へ向かいます。

 

出ると、道路を挟んで向かい側に、三井住友銀行が見えます。

 

出口を出てから左に進みます(マクドナルドが見える方向です)。

 

横断歩道を渡り、先ほどと同じ方向に道路沿いに進みます。

 

すると左側にカフェがあるビルが見えます。このビルの4Fに、oinai karasumaがあります。

 

 

SPACE KANTE(スペースカンテ):四条烏丸駅すぐ

京都四条烏丸の駅からすぐのところに2017年にできた、「KANTE(カンテ)」。広々とした室内が特徴のコワーキングスペースです。

中はとても広く、長いロングテーブルや、カウンターテーブルなど充実しています。もちろん、仕切りのある個室や、ミーティングルームもあり。

カフェが併設されており、本格的なコーヒーを頂くこともできます。

面白いなと思ったポイントの一つが、壁にたくさんの書籍が並んでいること。ビジネス本から、外国人向けの書籍など幅広く扱っており、無料で閲覧することができます。暇なときはこれだけでも時間をつぶせそう。

 

KANTEの大きなメリットは、とにかく値段が安いこと。ビジター料金で一日いても1000円です(逆に短時間利用は高くなってしまいますが)。

また、一ヵ月での会員料金も非常に安い。京都四条を拠点にしつつ、費用を抑えたいという人にいいですね。ただ、安かろう悪かろうでは全くなくて、安くて綺麗で施設も充実しているので、メリット大です。

 

SPACE KANTEの登録・支払い方法・仕組み

先に前払いで支払うシステムになっています。ビジターは何度でも出入り可能ですが、受付でビジター用の名札を一旦返却する必要があります。

中での持ち込み飲食は10:00~14:00となっています。カフェの飲み物は、時間を問わず利用可能です。

 

SPACE KANTEの料金システム

プラン 料金
月額料金 5480円/月
(内500円は施設管理費)
ビジター 1000円/日

※月会員は入会金別途10,000円必要

※営業時間10:00~22:00

※18:00以降はカフェ利用(300円以上)だけでドロップイン利用可能(平日のみ)

 

公式サイトと地図

公式サイト:SPACE KANTE

地図:googleマップ

 

andwork(アンドワーク):京都市役所駅もしくは京阪三条が最寄

とてもお洒落なコワーキングスペースがこちらの「andwork(アンドワーク)」。ホテル併設型、ということもあって、コワーキングスペースの横にある共有フロアにはたくさんの外国人がいて、なんとなくグローバルな感じになります。

andworkのおすすめポイントは、ワーキングスペースの椅子が全て「アーロンチェア」であること。コワーキングスペースの椅子は簡易的なものが多いんですよね。

腰を痛めると仕事にならないので、高級なアーロンチェアを開放しているandworkはポイントが高いです。

 

会員登録・料金カウントについて

andworkは、メールアドレスを利用した会員登録方法をとっています。事前に会員登録しておけるので、公式サイトから事前に申し込んでおくとスピーディでしょう。

公式サイト:andwork

 

登録すると、入退室をカウントするためのQRコードが発行されます。この読み取りの時間に応じて課金される仕組みになっています。

QRコードが発行されたら、ブックマークしておくか、スマホの写真(ギャラリー)の中に入れて保存しておきましょう。

 

andworkの料金システム

料金は、以下のようになっています。ドロップイン、もしくは月単位契約のみです。登記は2018/01/26段階では行っていません。

 

プラン名 月額料金 ロッカー・私書箱
Unlimited A 33000円/月 付き
Unlimited B 25000円/月 無し
Drop in 2800円/日
600円/1時間
無し

※営業時間は6:30~25:00

※ドロップインの最終受付は21:00まで

 

andworkへの公式サイト、行き方・アクセス

公式サイト:andwork

地図:googleマップ

最新情報をチェックしよう!
広告